2007年09月17日

(332)お誘いと回想と

 こんな高校生の時のそれもまだバージンの時の異常な体験を書いているUmですが,会社生活では普段はとても普通のそしてどちらかと言うと優秀な秘書で通っています。
 服装やおしゃれも男性に媚びないようなクールなデザインが中心ですし,化粧も勿論色気はきちんと考えますが過度にならないように注意しています。
 以前から書いているように専務との関係は続いていますと言うかより深まっているとも思っていますが,そのような男性との関係が日常的にあることがなんとなくフェロモンを発してしまうのか,他の男性からのお誘いも継続的に受けていますし同性の女性特に若い何人かの社員からも同様な思いを寄せられていると実感しています。
 今週の三連休は,昨日専務と一晩過ごしました、その前の日は女性社員のお誘いがあってお食事を楽しみました。でも熱い視線は受けましたが彼女とのエッチはありませんでしたよ。でもたび重なるといつか妖しいことに....ちょっと心配です。
  

  
  
手錠とアイマスクで無抵抗のUmに襲い掛かる舌は的確に女子高生のUmの性感帯をとらえてめくるめく快感を湧き起こすのでした。
 ねっとりと乳首を這い回りそして秘穴に差し込まれ掻き混ぜられる,足指を丁寧に舐めまわされ...
 
「ああああっっっーーー」
 
ついにUmは耐えられず悲鳴のようなはしたない喘ぎ声を上げてしまうのでした。
 そして堰を切ったように続けて背中を反らせて反応してしまいます。
 
 「いやぁぁぁーーーーん」
 
彼らの執拗な舌での愛撫はUmを高みに追い込んでいくのでした。
そして初めて手が伸びてきてUmの体を反転させました。今までの仰向けの体勢からうつぶせにされました。でも膝を立てて顔は床についたまま...そうです,お尻が上に突き出された状態で蕾が丸見え状態にされてしまいました。
声にならない歓声のような雰囲気が感じられ彼らの視線をそこに感じていくのでした。


More Erotic Blog
 



posted by um at 11:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記(330-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お仕事してるのに読んじゃったぁ…( ..)φ ジュン
今日は外回りだからまだ良いけれど…

内容がリアルなだけに…
ストンの頭の中は超リアルに妄想中〜!


背景の 御相手は勿論、Umさんの事ばかり…

ストンなりに想像しまくり〜(笑)


あぁぁぁぁ…素敵!
Posted by ストン at 2007年09月17日 11:51
初めまして、こんばんは。Umさんのブログは幻想的な官能小説みたいですね。
でも、それが日常のものなのですね。何だかドキドキしますo(^-^)o
Posted by サラ at 2007年09月17日 19:53
ストンさん

お仕事ご苦労様でした。でも妄想させてごめんなさい^^

リアルに体が反応したりしてませんか?
Posted by Um at 2007年09月17日 23:10
サラさん
幻想的な官能小説ってなんか素敵な表現ですね。
ありがとう^^
ドキドキ楽しんでくださいね!
Posted by Um at 2007年09月17日 23:12
Umさんが自由を奪われて犯され、その中で悦びを得る…。
僕もUmさんをそんな風に犯したくなってきましたo(^-^)o
夜のお供には堪らないです*^_^*
Posted by サラ at 2007年09月18日 09:26
 立て続けの書き込みですね。どうかされましたか?
 あられもない姿の写真を、社内にばらまかれたり、
家族に送りつけられたりしたら、Um さんはどうされますか?
Posted by しん at 2007年09月19日 01:54
 専務とは不倫ですよね。そして、女性とも、
妖しい関係に…。Um さんは、どこまでも
貪欲ですね。
Posted by しん at 2007年09月19日 02:56
中には、絶頂にまで達してしまう女性もいると、
Um さんは、貴女の経験から、思われるわけですね。
Posted by しん at 2007年09月19日 03:07
 意に添わない、虫唾の走るような男の陵辱でも、
適切な刺激(愛撫)でさえあれば、不感症でない女性なら
快感を感じさせられてしまうということでしょうか。
Posted by しん at 2007年09月19日 03:12
しんさん

立て続けの書き込み,ごめんなさい(笑)

書くことが楽しくって止まらない時もあるですよね,,酷い体験でも.
Posted by Um at 2007年09月22日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。