2011年09月10日

(382) 現場検証

秋めいてきましたね。
昨日は、お二人の突然のお相手。そして夜は専務に報告の一夜。

なぜか嬉々として、報告を楽しむ専務。実際に体を使っての細かい説明、その現場検証の細かいこと...

そして自分でも繰り返して再現する念の入れよう。

一人目は、執拗にUmのあそこを弄り遊び、見知らぬ男性に対して指だけで絶頂に達してしまった。
久しぶりの感覚、それを専務は目を煌かせて聞き入る。
そして再現実験。でも、そんなぁ。

もう一人は、お口への執着。奥まで突き、息苦しさに悶え涙があふれ出でて、そんな表情を嬉しそうに見つめていた彼、一段と膨張してザーメンを流し込まれるまで30分以上も経っていた?

ドロッとした、濃い液を喉に流し込むのをじっと見ていた、その視線がたまらなかった。

専務との一夜、彼は疲れ果ててまだ眠っています。

今日のUmには、どんなことが待っているのでしょう?








posted by um at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(380-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。