2011年07月21日

(381) キーワード

全く知らない男性がいきなり言い寄ってくる。そしてUmにキーワードが伝えられる。
それが予め専務がUmに伝えていたものと同じであれば、その男性の指示に従わなければならない。

それが唯一のルール。

いつ、どこで、どんな男性、から言い寄られるか全く分からない。


街で、電車の中で、喫茶店で。

相手のタイプもマチマチ、されること、強要されることも、いろいろ。

時間は予め決められているのか、長くても1時間。写真やビデオは使われず証拠は残らない。

それと挿入されることはあっても中に出されることは今まで無かった。お口で受けるか、体や顔に放出されるのが今までのケース。それもルールとして決められているのか、Umにはわからない。

全く知らない男性の精液を口で受け、その場で男性に見られながら飲み込む、Umには辛い行為。
男性の満悦した表情、独特の匂いと味、その時のUmの服装、場所、何一つ同じものがなく新たな体験。

最初から最後までずっと、Umのあそこを舐め続けた男性もいた。彼の舌に委ねられた性器、はからずも何度も頂点を極めてしまったUm。

次は、どんなことを体験するのか、Umには全くわからない。





posted by um at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(380-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。