2009年07月29日

(369) ウェディングソング

男性それぞれのあの部分って、皆さん個々に異なっているんですね、当たり前でしょうけれど。
その方の固さや肌触り(舌ざわり??)も、専務のものとは違っていて個性を感じます。舌の受ける印象が"この方は専務とは違う"という実感をUmに思い知らせるように押し寄せてきます。

専務がすぐ横にいながら、彼の常日頃慣れ親しんだモノとは異なる男性自身に舌を這わせる行為の異常さを感じながら、戸惑いつつも徐々にその形状を舌の印象から想像していったのでした。

その方も、Umに棒全体を舌で味わうように絶えず卑猥な言葉を投げかけながら指示を伝えてきます。そんな言葉を受けながらもUmは勢いよく暴れつづけるソレへのキスを徐々に薄れていく違和感の中で続けていったのでした。

「舌のキスだけで、こいつがこんなに暴れるなんて思ってもいなかったなぁ。秘書さんにこんなに愛されて、こいつも嬉しがっているよ。たいしたもんだ、相性ばっちりなんじゃないのかぁ?、よし結婚させよう、うわっはっはっ」
「肉棒全体をくまなく丁寧に舐め回すのは、専務の指導が行き届いているねぇ。さすが見上げたもんだ。Umさんの舌触りも柔らかくて、早く口と口のキッスもしたいんだけどなぁ、いやぁ本当に今日はUmさんと結婚だ。いいよね、Umさん...うわっはっはっ」

言いながら彼は、ウェディングソングを口ずさみながらUmの行為を受け続けるのでした。

「じゃぁ、結婚の契りに、Umさんの口の奥深くまでこいつを押し込んで一緒に、一体になりましょう。もう待ちきれないとこいつもウズウズしているよね。いや待て待て、その前にフクロも舐めてもらおうかな」




秘書・OL-人気blogランキングへ
posted by um at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(210-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。