2011年02月05日

(377) 非日常

専務のいきり立った馴染みの固い棒に替わりました。Umの口に専務のモノ、それは彼の求めに応じ、日常のひとコマになっている。目新しいことでは無くなってしまって、でもその度にいつもドキドキしてしまう、なぜ?
それはいつも....新たな匂い、体、気持ち、時間、場所、シチュエーション。金色の時間が流れ彼を迎える、そんな行為。
専務のザーメンを受け飲み込む時もあれば、終えずに口の刺激だけを楽しんで二人とも何も無かったように仕事に戻る時も、玉のような汗が吹き出すような強い行為の時もあれば、サラリと軽いふれあいだけの時もあったり。

この日の行為は、当然ながら全く今までと違う。二人の他人の男女がいる、専務のソレに唾液を付けた彼女がいる、専務の前にUmの口を支配していた男性がいる、それに目隠し。

複雑な思いでの専務との行為、同様なことをしつつも横から見られている。Umは五感が鋭く研ぎ澄まされながら専務を迎えていくのでした。

タグ:フェラチオ
posted by um at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(370-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。