2008年07月19日

(354) ごく普通のOL-秘書-ですけど...

こうやって、過去や最近の男性とのいとなみを書いていると体が開拓された淫乱な女性に見えるかも知れませんが、本当に本当にごく普通のオフィスレディなのです。信じてください。

 それなりの経験を積んだおかげか、いつも職場では、中年男性からお尻を撫でられそうになるのをていよくかわしたり、息がかかるほど顔を近づけて話しかけられるのにもいやな顔をせずにやり過ごすコツは覚えましたが、やはり助平な男性は敬遠したいものです。
 
 問題は、その距離感のとり方。あまり受け答えで愛想を振りまくとそこにつけこんでくる男性のなんて多いことか。世のOLの方々も同じでしょうが、男性からの声やお誘いがかかることが幾度となく。

昨日も電車の中で、全く知らない男性にちょっとしたきっかけで声をかけられてしまいました。(満員電車で半分痴漢的に体を寄せてくる男性がいて困った顔をしていたところ、それを察知したその方が割りこんで助けてくれたのです)
身なりのしっかりとした紳士。少し会話を交わしてその後こちらから求めもしないのに名刺をわたされてしまって、よかったらいつでも電話をするようにと伝えられ。かなり世間的には地位の高いポジションの方のようです。 お世話になった手前愛想よく対応させていただいたのです。もし電話をしたら一体どのような展開になるのでしょう。何にも無いかもね? (笑)

それに似たことがたびたびあるんですよね、最近。
posted by um at 16:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(350-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

(353) 一斉に、散っていく

二人の最硬に勃起している男性自身を上下で受け止めているUmにゆっくりと近づいて来たユウキは、制限されていながら男たちの動きに揺られているUmの裸体に視線を落としてきました。
彼のハンサムな顔から冷たい屈折した視線注がれると、ハンターに狙われた獲物のような感覚が襲ってきました。
バーテンダーたちは、リズムを合わせるように小刻みな挿入でUmのからだを振り子のように揺すり、そのため胸が上下に激しく揺れ動きユウキの目に飛び込んでいきます。
彼は、視線を落としてただその膨らみの揺れを冷徹に見つめるだけでした。視姦という言葉の意味が、その瞬間分かったような気がしました。

ごく静かな音量のBGMの店内で、淫口に勃起が出入りする"グチュッグチュッ"というハレンチな音と、溢れ出る唾が男性に絡みつく"プチュッブチュッ"という咽奥から漏れる濁音が、Umの呻き声と重なって男たちの耳を楽しませているのか、彼らは声も上げず黙々とセックス行為を続けているのでした。

そんな時間が続き、Umが我慢できずに高みに辿る声を発した瞬間、いきなりユウキがベルトを緩めトランクをずり下ろすと、すでにいきり立っていた男性自身を剥き出しにしました。
そのUmになじみのあるグロテスクに尖った形を目にした刺激が触媒となり、Umは一層激しい高原状態に追い詰められました。ユウキは、自分の勃起をUmの頭上で激しくシゴキ始めました。それに合わせ二人のバーテンダーも激しく動き出し、Umの中で暴れ・犯し・悶えたのでした。

そんな刺激で耐えられる女性は、この世にはいないでしょう。Umは、あっというまにエクスタシーに達し背中をそらし胸を突き出し痙攣しました。その一層強くなった締りの中で彼らも激しく果て、ユウキも白濁をバスト・頬に飛び散らせてきました。

膣に咽奥に体にエキスを浴び、そして時間が、止まった、のでした...
 
エロチックランジェ♪バックオープンネットスリップ&Tバックショーツ
posted by um at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(350-) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

ブランドショップ系列店のオーナー

Umが、女子高校生の時に出会った人。ここでは書けない事情があり、体を弄ばれました
セーラー服のフェチで特にリボンのついた白ブラウスに萌えるということが、あとで告白されて驚きました。
「謝肉祭」に向けて彼は、いろんな変態的な男性にUmを紹介し彼らの性的嗜好に応えるように強要しました。その一部始終をお抱えの運転手に監視させていました。さらにその運転手からもエッチな扱いがありました。
 女子高生の時にこんな男性達に、体を触られ・舐められ、処女だったのに性感帯というものを自覚させられました。
posted by um at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 登場する人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。